特別展示

第39回特別展「染める~小栗コレクションを中心として~」

 開催期間 
平成27年7月11日~8月18日

藍染の古裂をコレクションされる飯田市の那美屋織物 小栗弘平氏は、昭和50~60年代、県内各地で数百種類におよぶ唐草模様の夜具裂、風呂敷、油単などを収集されました。そのほとんどが明治から昭和初期頃の型染めによるもので、菊や牡丹をはじめとする縁起の良い吉祥文がずらり。ろうけつ染や友禅染なども交え、青い染めの世界へ誘います。

 主催 
駒ヶ根シルクミュージアム
 共催 

那美屋織物・小栗織物研究所、(有)細田染織

 後援 
信濃毎日新聞社、中日新聞社、長野日報社、(株)エコシティー・駒ヶ岳、(一社)駒ヶ根観光協会、長野県織物工業組合

図録の紹介

図録 収録内容

価格:500円

図録のサンプル

図録の購入方法

図録のご購入は電話かファックスで承っています。

TEL.0265-82-8381FAX.0265-82-8380
受付時間 9:00〜17:00
休館日 水曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

 特別展示一覧  図録一覧  FAX注文用紙ダウンロード