通常イベント

通常イベント

【作品公募】第13回現代手織物クラフト公募展

応募要項はこちら 応募用紙はこちら

開催趣旨

全国で独自の創作活動をしている織物のプロ、および将来プロを目指す方たちが創作した、独創的で優れた織物作品を展覧し、広く織物愛好家に向けて紹介するとともに、自立の道を拓く支援の場となることを目的とします。

応募作品

  • 制作後2年以内のもの。
  • 天然繊維のもの
  • 点数は1人1点まで。
  • 着物(仮絵羽)― ★ 寸法:身丈断切4尺7寸(1.76m) 袖丈:断切1尺7寸(64cm)
  • 丸巻反物 ― ★ 寸法:縦長さ3丈4尺(12.8m)×横巾1尺(38cm))
  • 八寸帯 ― ★ 寸法:縦長さ1丈3尺8寸(5.2m)×横巾8寸3分(31.5cm)
  • 九寸帯 ― ★ 寸法:縦長さ1丈3尺8寸(5.2m)×横巾9寸1分(34.5cm)
  • タペストリー ― 寸法:(縦長さ2m×横巾1.5m)以内
    ★印は本仕立て無効(タペストリー以外は仮仕立てのこと)

応募資格

  • プロ・アマは問わず、織を愛好している方。
  • 応募作品は本人制作に限ります。

応募方法

指定された応募用紙に必要事項を記入し、作品とともに駒ヶ根シルクミュージアムへご提出ください。応募要項と応募用紙は実行委員会事務局(当館)へご請求いただくか、HP(当ページ)よりダウンロードしてください。

応募受付

  • 2020年9月1日~9月5日

審査委員

  • 帝塚山大学名誉教授 植村和代
  • 伝統織物指導作家 吉田紘三
  • 株式会社染織と生活社 編集長 佐藤能史
  • 駒ヶ根シルクミュージアム顧問 関宏夫

コンテスト授賞内容

  • グランプリ 1点 (長野県知事賞)/賞状・副賞20万円
  • 準グランプリ 1点 (駒ヶ根市長賞)/賞状・副賞10万円
  • 駒ヶ根シルクミュージアム館長賞 1点/賞状・副賞10万円
  • 審査員特別賞 1点/賞状・副賞10万円
  • 織の財団賞 1点/賞状・副賞10万円
  • 特別奨励賞 1点/賞状・副賞10万円
  • 入選/賞状

作品搬入方法

応募期間<令和2年9月1日(火)~5日(土)>に会場となる駒ヶ根シルクミュージアムへ応募用紙を添付の上、 送付してください。送料は応募者払いとし、返送料は着払いとします。直接搬入される場合は水曜日(定休日)以外の日にお願いします。

開催日程

  • 展示開催期間/令和2年10月15日(木)~11月23日(月・祝)
  • 審査日/令和2年9月10日、公表/9月16日(館内掲示板、HPにて)
  • 交流会「おりびとの集い」/10月13日(火)※詳細は後日明示します。
  • 表彰式/10月14日(水)午後1時~

作品の取り扱いについて

  • 搬送中における作品の破損の責任は負いません。
  • 作品の展示は、駒ヶ根シルクミュージアムがすべて行います。
  • 作品の展示に注意事項がある場合は、あらかじめ応募用紙にご記入ください。
  • 入選作品について主催者は、本展の宣伝広報のため、作品撮影し、新聞、HPなどへ
  • 掲載、図録の発行などを自由に行うことができるものとします。

その他

  • 出品料は無料です。
  • 入選作品を掲載した図録を作成し、全応募者に配布いたします。
  • 応募作品の中から希望者には、織りの財団が作品を買い上げ、商品化いたします。
  • 作品の返却は入選作品:展示終了後、落選作品:審査後となります。

お問い合わせ先

現代手織物クラフト公募展事務局(駒ヶ根シルクミュージアム)
担当:学芸員 竹内
電話:0265-82-8381(代表)/FAX:0265-82-8380
E-Mail:shiruku@cek.ne.jp(代表)

 イベント一覧