施設案内

駒ヶ根シルクミュージアムについて

駒ヶ根シルクミュージアムについて諏訪湖から流れ出る天竜川の流れに沿って南北に広がる信州伊那谷。西に中央アルプス、東に南アルプスと3,000m級の山々に囲まれた絶景を望む地。長野県駒ヶ根市に駒ヶ根シルクミュージアムはあります。

平成9年(1997)、伊那谷の養蚕・製糸業を担い、長い歴史を刻んできた組合製糸「龍水社」が幕を下ろすことになりました。駒ヶ根市は関係者より「今までの歴史・遺産を何らかの形で後世に伝承するための記念館を建設したい」との提案を受け、伊那谷の産業を支えてきた龍水社と上伊那社の歴史と、この地域の養蚕の文化を後世に残す義務があると考え、龍水社、上伊那社、JA上伊那をはじめ、国・県・地権者・高遠町(現伊那市)・長谷村(現伊那市)・大鹿村などの協力をいただき、建設を実現。駒ヶ根市の管理の下、養蚕文化の歴史の伝承、生涯学習、都市と農村の交流拠点を有した広域総合交流促進施設として平成14年4月27日、駒ヶ根市東伊那にオープンしました。

館長挨拶

kancho当館の展示は、「龍水社」操業時に運転していた自動繰糸機、生糸検査機、伊那谷の養蚕農家で使用された古い養蚕関連道具類などをはじめ、蚕の生理・生態を分かりやすくするため巨大模型を、蚕に関する様々な成果や情報をパネルと共に展示しています。また、年間を通して様々な生育段階の蚕を見ることもできます。併設の体験工房は、まゆ細工や染色、機織りなどを体験でき、楽しみながら繭やシルクに触れることができます。

展示されている古い資料、機械や道具、先人の知識に触れることで、懐かしい思い出に浸ったり、これからの新しい発見に繋がれば幸甚です。

館長 関 宏夫

スタッフ

  • 名誉館長宇都宮大学名誉教授 農学博士 岩下嘉光
  • 館 長農学博士 関 宏夫
  • 学芸員竹内慶子
  • 事務員2名、体験工房講師ほか

館内マップ

map2F
map1F

 常設展示 特別展示 体験工房